Posted by: hmchang | February 20, 2009

Story: 魔法の種

昔々、ある貧乏な国に、スティンジーという若者がシロという犬と一緒に生活していました。スティンジーは農夫(のうふ)で、毎日自分の農地で一生懸命働きました。その国の気候が悪いので、植物はあまりできないが、村民たちはそれでも満足して幸せに暮らしていました。

ある夏、天気はとても暑くて、どんな植物も育たないようでした。村民(そんみん)たちは仕方がなっかたから、週に三人が遠い森に果物と野生動物を食べ物として探しに行くことを決めました。ある蒸し暑い日、スティンジーとシロは村民(そんみん)二人と一緒(いっしょ)に、森に行って、三日を過ごしましたが、何も見つけられませんでした。その後、狸を一匹見たものの、狸を見たのは初めてだから、食べられるかどうか知らないが、いずれにしても捕ったほうがいいと思いました。しかし、森の道は複雑で、狸の姿がすぐ見えなくなりました。シロはスティンジーが「あの動物を捕ったら、いいものをあげよう」というのを聞くと、早速走って川の側で狸を見つけました。「私の肉はおいしくないので、命の代わりに、この魔法の種をあげよう」と狸は言って、川から逃げました。シロは口で魔法の種を取って、スティンジーの傍に帰ってきました。スティンジーたちはそのまま村に帰ってしまいました。

次の日、シロはスティンジーの田に魔法の種を置いたまま遊びに行きました。魔法の種は地面に触ると、大きい木になって、木の上に多い果物がなりました。スティンジーはその木を見ると、喜んで木に上り、たくさんの果物を取りました。その果物は綺麗だし、味もよっかたでし。村民たちはその木の側に集まると、「一つください、おなかがすいたから。」とスティンジーに聞きました。ところが、スティンジーは村民たちを無視し、果物を取り、家に帰りました。それで、村民たちはとても落ち込みなしたが、側に隠れていた狸はその状況を見て、「もしスティンジーは果物を村民をあげなかったら、その果物を食べるたびにおなかがしいていく」という魔法をかけました。

家に帰ると、スティンジーは果物を一つ一つ食べました。「この果物は世界一番おいしいです、たぶん神様が私の苦労を感じてくれました。」と言いました。しかし、果物をいくら食べても、おなかがすきつづきました。最後に、果物を食べすぎたので、腹が大きくなって、爆発しまいました。腹の中でたくさん出来た魔法の種が村民たちの農地に着陸しました。おいしい果物の木は村にどこにもできましたから、その村はだんだん富裕になりました。めでたし、めでたし。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

Categories

%d bloggers like this: